Nov 29, 2019

26_泥染め/Mud Dye (原絹織物 x うなぎの寝床)

奄美の自然でしか生み出せない色

鹿児島県奄美大島の伝統的な染色技法である泥染によって染めたもんぺです。テーチ木と奄美の泥田を利用して染色しており、何度も染め重ねることで色の濃淡を表現しています。手作業で染めていくので、生地はそれぞれに少しずつ異なるムラ感があります。使い込むほどに変わっていく、微妙な色の変化も楽しめます。※この商品は色落ちする事がございます。

A natural color unique to Amami Islands

Mud dyed in Amami Islands of Kagoshima, a traditional dyeing technique using tannin of umbellata tree and iron of rice field mud. It is dyed several times to get the color gradation, and each piece has a different complexion.You can enjoy the slight changes of color, as you wear and wash (please note that the color will fade).

Type:泥無地、藍泥、泥絞り
Material:綿100% (Cotton 100%)
Size : S / M / L
Price : ¥19,000 + tax

Type:泥無地
Material:綿100% (Cotton 100%)
Size : S / M / L
Price : ¥19,000 + tax

Online Storeから購入

Type:藍泥
Material:綿100% (Cotton 100%)
Size : S / M / L
Price : ¥19,000 + tax

Online Storeから購入

Type:泥絞り
Material:綿100% (Cotton 100%)
Size : S / M / L
Price : ¥19,000 + tax

Online Storeから購入

Maker’s Information

作り手情報①: 生地の染色

名前- 原絹織物(株) 代表者- 原正仁
住所- 鹿児島県奄美市名瀬鳩浜260
URL- http://www.nizaemon.jp/index.html
備考- 昭和初期創業。奄美大島の伝統工芸品である大島紬の織元。

Maker #1 :Dyeing

Company Name: Harakinu Orimono Co., Ltd.
Name: Masahito Hara
Address: 260 Nazehatobama-cho, Amami, Kagoshima
URL: http://www.nizaemon.jp/index.html
Notes: Founded the 1920s. Traditional Oshima Tsumugi textile weaver.

作り手情報②: 生地の織布

名前- 東播染工株式会社
住所- 兵庫県西脇市高田井町224
URL- http://www.toban.jp/company/
備考- 播州織の産地で先染め織物の一貫生産を特徴とする織元。今回の生地は20番単糸の綾織生地。

Maker #2 :Textile manufacturing

Company Name: Toban Textile Co., Ltd.
Address: 224 Takadai machi, Nishiwaki, Hyogo
URL: http://www.toban.jp/company/
Notes: One-stop all in one production of yarn dye and textile weaving at Banshu, Hyogo.


Posted in タイプ, 現代風MONPEComments Closed 

関連記事